風布にじます釣り堀センター

2014 8/19
深谷から寄居方面へ向かい、ほんのちょっとだけ山に登る。
有料道路に入ってしまうのか!?と、ビビリながら進んだ所にオアシスは有る。
NCM_0219.JPG
コクワガタのメスがお出迎え。
NCM_0222.JPG
某たまご屋さんもそうだが、食を扱い、命を多くいただく職業として、供養塔の類は頭が下がる。
NCM_0218.JPG
街なかよりも、気温も湿度も低く過ごしやすいうえに、水の音は涼を運んでくれる。
NCM_0225.JPG
ガンガン釣れる。1匹¥500也。
子供にルールを教えておかないと、財布はすぐに空になる(笑)
NCM_0236.JPGNCM_0229.JPG
父ちゃんは?…と、言うと…一度も釣り糸を垂らすことなく、知恵の輪遊び。嫌いじゃない。
NCM_0240.JPG
釣ったニジマスは炭火焼きにしてもらい食す。
NCM_0245.JPG
初号機「魚ってこんなに旨いもんなんだねぇ。」
弐号機「オレ七夕でも食ったけど、鮎が一番好き!」(何度教えても鮎と虹鱒を間違える)
僕は、折角炭火で焼いていただいたものだから綺麗に食べる。
NCM_0248.JPG
頭も骨も食べる。
「そんなヤツは、他に見たこと無いよ。写真屋の某little氏くらい。綺麗に食べる人は、育ちが良いか貧乏かのどっちかだ!」
と、三代目に笑われる。
ちなみに、僕は育ちの良い現役貧乏。
中途半端な田舎町に住み、都会に憧れつつも地元を愛し離れられない“マイルド・ヤンキー”的な人間が多い環境。
少し足を延ばしただけで、こんなに素敵な場所があることは有り難い。
本当に美味しいし。奥さんの笑顔は最高だし。
おすすめスポットですよ!
http://www.nijimasuya.com/
目次
閉じる