レバ刺し

煮ても焼いても、僕が唯一飲み込めない一番苦手な食材様。

それがレバー。

7月1日からレバ刺しの販売禁止が決まった。
ザマーミロ。。。
とは思わない。
フザケルナ。。。
である。
また、一つの食文化が意図的に消される。
牛肉の生食の禁止が決まった時にも書いたことだが…
牛肉の生食やレバーの中毒で命を落とす危険性より、自動車事故のほうが確率が高いじゃないか。
何故、自動車運転は禁止にならない?まぁ、禁止にされたら困るけどね。
一部の食肉業者、一部の飲食店の気の緩み。とりかえしの付かない大きな失敗。そして、安売りこそが美徳の傾向。
規制すべき箇所、規制の方法はいくらでもあるはずだ。
例えば、ふぐのように、特別な調理の資格を持たせるなどの工夫すら出来ないなんて…
お隣、韓国ではユッケに出来る食肉の審査がとても厳しいと聞いた。
何かがずれている。
中毒を起こさせないための塩素漬けの食品…
なんだか、何かが間違っていると思う。
事前に事故を防ぐことも大切だし、実際に食中毒で尊い命を奪われてしまった方が居るのも事実。そこから目を背けてはいけない。
何か方法はあったはずだ。「メンドーダ、ヤメチマエ」他に方法が…。
たぶん、僕は一生レバーを美味しいと思うことは無いだろう。食べないと思う。
でも…寂しいし、哀しいです。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる