ウスキングベーグル

今日のお昼ご飯は、岡部のウスキングベーグル。

毎週土曜にコラボレーションさせてもらってるお仲間。パンチャのメニューにもベーグルを使う料理がありますよ。
きな粉揚げベーグル、チョコ、アップルシナモンレーズン、キャラメル、ハムチーズ、カリカリチーズ、ごまツナサンド。(正式名称はわからん)
ランチ3姉妹(次女は僕)で7種類をシェア。僕のお気に入りはツナ~とアップル~かな。

全部まぁーまぁーだったけどね。(僕等の仲間は自分以外の料理が旨い時は、尊敬と嫉妬を込めて「まぁーまぁー」と表現する。)
「う~ん、パンチャ・ピエーナ(お腹いっぱい)」
usuki.jpg

彼との出会いは数年前の深谷市ボランティア・フェスタ。
パンチャが出店用に「牛たまドッグ」(深谷牛100%ミートソースとスクランブルエッグを挟んだコッペパン)を販売していた対面でベーグルを販売していたのが臼杵君だった。
まさか、こんなにガッツリとタッグを組む仲になろうとは思ってもいなかった訳で…ただただ、出店のライバルとして「あっちのパンは硬いですよー(笑)」などと意地悪を言いつつ販売していた。ゴメンよ。
実際、その場で食べたベーグルは硬いという印象が強烈に残った。正直、好きでは無かった。

数年後、そのベーグルに自分が虜になるとは。。。

彼のベーグルのキャッチコピーは「よ~く噛め噛め」
そもそも、味覚を認識するのに噛むことは重要である。彼のベーグルは噛めば噛むほどに甘みやら、粉の香りやらで楽しくさせられる。
そして、噛むことで分泌される唾液には消化を助ける効果もある。唾液アミラーゼは、でんぷんを麦芽糖やデキストリンに半消化するのだ。
昨今の「やわらかぁ~ぁぁぁい」をヨシとする食文化への警鐘にも繋がるのではなかろうか。やわらかい美味しいものは歳を重ねてからの楽しみにしておこうかしら…と、思うほど…今日も食べていてアゴが疲れた(笑)

でも、それが心地良いのだよ。
…などと言うと硬さだけが魅力なのか?と言われそうなので伝えておきます。

「他のベーグル屋さんのものと比べても、ウスキングベーグルのベーグルを超えるものに未だ出会っていません!」

あくまでも、個人的な感想ですがね。
硬いのが苦手な方は、トースターなどで軽く焼くのもオススメ!
普通のパン屋さんと違って、生地はベーグルのみと潔い。プレーンベーグルが先ず旨い。あとはアレンジで楽しませてくれる。
岡部の駅の北口を17号方面に北上しヤオコーを超えた信号を左折。ちょいと行くとあります。

土日はアリオ深谷店にワゴンショップとして登場します。
キリキリモリモリ、あっちへピュ~ンっと、こっちにビュ~ンっと出張販売&イベント販売まで切盛りしてますので、電話確認してからお店に向かうと良いかもしれませんのぉ。
あっ!数が纏まれば、出張販売に出向いてくれるかもしれませんよ!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる