明日より!

粘土松…いや、年度末です。
明日より新しい年度になりますね。改めまして、皆様宜しくお願い致します。
今日、また一人巣立ちました。スタッフちゃん卒業です。
卒業スタッフ宛のメッセージをブログに書くのも変な話なので、もう書かないつもりだったのに…「えぇ~、なんでぇ~」と言われたもんでね(笑)
この子は、う~ん…惜しい子なのよね。
かわいい子なの。でもね、色々なことが雑。調理済みのものが出しっぱなしだったり、ピッツァの生地をのばしながら「イィーーーッ」ってなったり、ドリンクを作った作業台近辺がゴチャゴチャだったり。2,3分程度の遅刻も過去スタッフの中で最高に多い子だったのね。「Miss.ま、いっか」典型的な“やれば出来るのになぁ~”タイプ。
そーだ、そーだ…真夏の夕立の中、自転車出勤。当然び しょ濡れ。「お母さんに電話して着替え持って来てもらえー!」「もしもし、バイトのポロシャツと、なんかズボン持ってきて欲しいんだけど…うん、お願い。」「おーい、その感じだとパンツも頼めよー!」なんてこともあった。
そして、彼女のバイト最終日。パンチャのほったらかしの庭に、濡れそぼったタヌキちゃんが現れた。この前仙元山の近くで見たタヌちゃんに似ている。同一狸か?それとも今の時期のタヌキはみんなこんな感じなのか?足元の葉っぱを頭に乗せ、変身する前の写真である。
tanu.jpg
グフグフと喉を鳴らし怒って怯えていた…話が脱線した。元に戻そう。
気分屋さんで「あー」とか「もーやだ」とか「なんなーん」とか「もやもやするー」とか厨房で言ってる事も多々あった。
でもね。思い出す顔は笑顔なの。笑顔のイメー ジしか無い。
それって素敵なことだよね。
バイトなんてさ、忙しかろうが暇だろうが自給は同じ。でも、彼女は「忙しいほうが楽しい~☆」ってニコニコしてた。
やっぱり頑張り屋さんなんだと思う。
だってさ、普通はパンチャのスタッフも、新生活を目指して1月とか2月とかで辞めちゃうのね。でも、彼女は年度末の今日、3月の終わりの日まで一緒に居てくれたんだ。優しいんだね。
「辞めたくはない」とも言ってくれる。嬉しいよね。だから、逆に別れが寂しい。
4月からは東京の専門学校に通う。高校の通学状況も知っているので、おじさんは本当に心配だ。自動車教習所での頑張りを見れたから少しだけ、ほっとしてるけど。
そーだ、今日も元スタッフが遊 びに来てくれていた。今年で30歳になるんだってさ。彼女達がパンチャに居たのも高校からの数年。偶然、今日卒業の子と同じ高校。
何年経っても遊びに来て欲しいなぁ。
お陰で楽しく過ごせたよ。ありがとう。またね。
あ…でも、秋のお祭りで会えるから寂しくないや。
なんとなく、今日彼女が卒業したことで、パンチャの時代がまたひとつ終わり、明日からまた、新生パンチャとして動き出す気がしています。
目次
閉じる