やまだ家…おとうふ御膳

yamada.jpg
お仲間、やまだ家さんが面白いことをやるというので予約。本日限定で『おとうふ御膳』なるものを予約販売。

最近のポール板長は、ひと皮剥けた感がある。
彼は、明るいが静かな男。あまり騒ぎ立てたりはしない。(仕事中の話ねw)
日本料理の修業の成果を、丁寧に確実に普段のお店の料理やイベントの料理に織り込む。
料理の向き合い方が僕とは正反対。彼はじっくり考え練り上げるのに対し、僕は瞬発力的閃きのみ。
だから、急な依頼の多いゆめ☆たまごのイベントの時は気の毒に思う。それでもきちんと仕上げる男だから凄い。
その男が、自分のペースでじっくり考え仕上げた作品だ。食べない訳にはいかんだろう。
そう、彼は最近自分のペースを掴んだのではなかろうか。夕市、とうふ工房七ツ梅店の惣菜などなど。けして大きくはない歩幅ながら、確実に着実に地域に定着しつつある。見習わねばならないな。
彼が店の外に足を踏み出しつつも、自分のペースを掴みかけているのは、彼の奥さんのアドバイスがあるんだろうなぁ。いい夫婦だ。

おっと、話がそれた。おとうふ御膳だ。
まぁよ、食べた人間にしか解らんだろうから、お品書きと簡単な感想ね。僕はグルメリポーターじゃないっすから。
yama.jpg
・豆腐カツ 肉味噌添え(theやまだ家的カツの衣、豆腐、上品な香味肉味噌の香り三位一体)
・豆腐入り鶏つくね 甘酢あんかけ(全体的に優しい味付けの中、ほどよい酸味が御膳のアクセントに)
・豆乳出し巻き玉子(美しすぎる玉子焼きは色気すら感じる。玉子とお出しの香りを豆乳の香りが追いかける)
・手作り凍り豆腐と野菜の炊き合わせ(日本料理の真骨頂。丁寧な野菜の味付け。凍らせて水分を抜いた豆腐の香りは濃厚)
・おからとカッテージチーズの和え物(自家製カッテージチーズが、単純な味になりがちの和え物に奥行きを与えた)

一番好きだったのは、和え物かな。どんぶりで食べたいw

どれをとっても、まぁーまぁーな味だったよ。(*僕等の仲間は他人が作った料理が旨い時は、尊敬と嫉妬をこめて「まーまー」と評価するww)
ご馳走様。いい仕事っぷりでした。

よその店を紹介してるほど、パンチャに余裕は無いのだが…
ちょっと入りづらい店構えだけど、是非一度行ってみるといいよ。これはガイドブックより確かな情報だ。
ランチタイムなんて、丁寧な仕事が定食として食べられて、千円でお釣りが来るぞ!

一応、無許可だが住所と電話番号だけ載せておこう。
やまだ家 深谷市田谷280 048-572-1420

ひとつ忘れたので追記。
今回のお料理には、すべて『とうふ工房』さんの豆腐製品が使われている。
その、とうふ工房さんも魅力的なのだが…そのお話は次の機会にでもね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる