雑誌の取材

最大手のガイド誌より取材依頼。お電話をいただいて小躍りしたが…本日、詳細が封書で届き…なんだ、結局掲載料が必要なのね。。。
再びお電話をいただいたので、丁重にお断りしました。
最小枠で8万5千円。1ページ丸ごとならば55万円だってさ。(ちなみに税別)
そういう問い合わせをいただくことは多い。そんなお話をいただくといつも思う。
「そういうのは“広告”って言いなさいよ。」と。
だってそうでしょ。本屋さんに並ぶ、しっかりしたガイドブックに載ってるお店は、読者や編集者やクチコミで良い評価をもらっている“オススメの店”だと思うのが普通じゃなかろうかいな?
紹介したいお店が載ってるんじゃないんだね。掲載料を払えたお店しか載れないのね。
僕等はそれを見て“おすすめの店”って感じるよね?
お金を払えばどんな店でも載れる…とは思わないよね?
やっぱり、お金は寂しがりやさんなんだね。繁盛店がより繁盛するのだな。
勿論、すべてのガイド誌が金銭要求をする訳ではない。
どの雑誌も事前のリサーチはするだろうし…掲載店も、お金を払ってでも繁盛させることで数をこなし腕を磨くことに繋がる場合も多々ある。高額な掲載料を支払える繁盛店ってことは魅力も充分にあるはずだ。
でも…でもね、「*この記事は掲載料をいただいております。」とか注釈をつけるのがフェアなのではなかろうか。
まぁ、それをやったら誰も載せないかもしれないけど、少なくとも読者を騙すような感覚は無いよね。

もし、パンチャのH.Pやブログをご覧いただいて、取材を考えて下さる方がいらっしゃったら…
『パンチャ・ピエーナは掲載料金のかかる取材はお断りさせていただいております』

お話をいただけるのは、凄く凄く凄く、嬉しいんですけどね。
実際お金も無いですし、もしお金があってもそのような取材は受けません。

ただ、1ページ丸々紹介を載せられる価値のある店にする気持ちを持って…頑張ります!

目次
閉じる