カボチャの馬車は次の場所へ

KIMG0815.JPG
ハロウィンの店内装飾を片付けました。
賛否ありますね。ハロウィン。
なんでもそうですが、反対の人は反対ですし、賛成の人は賛成。どーでもいい人はどーでもいいもんです。
僕は“同じ阿呆なら踊らにゃそんそん♪”派です。
踊る阿呆な僕ですが、見る阿呆に迷惑をかけてはいけないと思っています。そして、迷惑だなぁ…なんて思いながらもその場に居合わせてしまい、見ることになってしまった人を阿呆呼ばわりしてもいけないと思っています。
ゴミ撒き散らすのは論外です。
「安心してください。ハロウィン・仮装やってません。普通通りです。」だなんて看板を出した居酒屋さんの記事がSNSで見受けられたのも頷けますもんね。
僕はね、ハロウィンの本当の意味も知りません。クリスマスも、お盆も、お正月のしきたりも、大好きなお神輿やお祭りのことだって、ちゃーーーんと説明しろ!って言われたら出来ません。
それでも、みんなの笑顔が好きです。自分の店で貸し切りでやるくらいが素敵です。
そのうち店内はクリスマスバージョンになりますよ。
なんだか微妙な曜日なんですよね、今年。
プチ・ディナーも素敵だけど、何かイベント考えようかなぁ。
目次
閉じる