終戦記念日にオリーブな募集

終戦記念日ですね。
ノアの方舟へ、洪水が収まり大地が現れたことを知らせた鳩と、その鳩がくわえていたオリーブの枝は平和の象徴とされています。
オリーブのお話をたっぷり聞けるイベントまで1週間をきりました。たぶん、まだまだ空席があると思いますが、お早めに!
瑠璃光寺1-A.jpg瑠璃光寺1-B.jpg
旧約聖書の中のお話。色々な解釈で伝えられるほんの一つ…
神は堕落しきった人間を一度大洪水に巻き込んで絶滅させ世の中をリセットしようと考えた。
神は洪水を起こすことを人間たちに伝えるが、誰も信じない。
真面目に働くノア一家だけが大きな舟を造り洪水に備える。
やがて洪水。ノアは神に命じられ、動物たちを1ペアずつ一緒に乗せる。
海のような洪水の中を何日も何日も漂流するノア一家と動物たち。
40日もの間、雨は降り続く。
試しにカラスを放つも、帰って来ない。鳩はすぐに帰って来てしまう。
その7日後再び鳩を放つと、鳩はオリーブの若葉をくわえて戻って来た。水が引き。大地が現れたことを知る。
ご存知、『ノアの方舟』の一部。。。確か、そんな感じの話。
僕は、この話が嫌い。
「原子力爆弾が戦争を終わらせるのを早めたんだ。」的な話と被るから。
世の中一気にリセットなんて出来ないよね。Gameの世界じゃ無いんだから。
戦争なんて誰もしたくないよね?…それこそが思い込みなのだろうか。戦争が無かった時代は無いらしい。
僕らの世界じゃ自爆テロなんて有り得ない話だが、僕の知らない世界ではそれが誇り。
一対一の人付き合いだって難しいもんね。
僕は美味しいものを適量食べたあとって幸せで、世界中の人のお腹が程よく満たされれば…もしかしたら戦争はなくなるかもしれないなぁ…なんて考えている。足りないのは勿論だが、満たされ過ぎも争いの火種になると思う。
美味しいものを作ろう。僕が出来る小さな平和への祈り。
Pancia Pienaは、伊語で「お腹いっぱい」と、いう意味。
目次
閉じる