宿場まつりでした

ねぎまつりメンバーとの出店は楽しいです。
みんな設営も慣れていて心強い!
GW明けで来場者さんの財布の紐が固かったようですね。
沢山の人、人、人でしたが出店者の皆さん苦戦していたようです。
イベントとして定着してきた感じも見られたので、リピーターの皆様の買う物も定着し、逆にそれ以外のものは買わない傾向にあるのかもしれませんね。
ナポリタンって強いアイテムだと思います。ラッキーです♪老若男女ですもんね。
僕としては、前回蔵びらき出店の後から、風味付けを深谷の地酒に変えたことで更なる自分好みの味に近づけたと思っています。
イベントを、どうしても運営サイドの目線で見てしまいます。
今回の宿場まつり…来場者数の見込みに対して、出店者数が多過ぎるように感じました。主催者として、出店の応募が多いことは誇らしく嬉しい事です。出店のお断りをすることは、とても辛いんですよね。でも、出店者さんに、ある程度満足出来る売上を作るのも、続けていく為には大切な要素。元々、商店街でのイベント。出店数が少なくて、満足出来ないお客様が、会場付近の商店に流れるくらいで丁度いいと思うんですよね。
飲食に限らず、手作り作家さんの作品にしても、会場で使える金額ってある程度決まっちゃいますからね。
難しいですよねぇ。。。バランス。天気とかで読めないですもん。
そして、一番関心したこと。それは、“強風による開催時間の1時間短縮”
コレって判断し、伝え、実行するのって凄く勇気のいること。
流石、回数を重ねてこられたイベントの運営さん達ですよ!僕が最終決定を出さなければいけない場面を想像するだけで気が重くなります。
宿場まつり運営のスタッフの皆様。生意気言って申し訳ない。また、沢山勉強になりました!
事前のこまめなブログのup、当日までの準備、そして今日の片付けまで、本当にお疲れ様でした。
そろそろ1杯やれてますかね?
次回は10月でしたっけ?また、楽しみにしてますねー!
目次
閉じる