第3回 金大星蔵びらき

ご来場の皆様ありがとー!
出店者の皆様、お疲れ様でした!
パフォーマンスの皆様、楽しい雰囲気をありがとー!
主催、運営の皆様、お疲れ様でした。

まず…天気が持って良かった。。。
前日、少々のお手伝いをしに行きました。良い雰囲気に板張りをしてくれた角地にパンチャブースを構えさせていただきました。
kit 009.jpg
持っていった全ての食が完売しました。
今回、一番悩んだのは『ダチョウ☆サンドウィッチ』ですね。
部位は「ネック(首)」を使用。
kit 001.jpg
香味野菜と一緒に、5時間ほど煮込み、丁寧に手でほぐし、一緒に煮込んだ香味野菜と一緒にフードプロセッサーにかける…ここまでは「愛ちきん」の仕込みと一緒。(詳細は過去ブログでね→<http://blog.pancia.net/article/82059201.html>)
kit 003.jpg
マヨネーズ、ケッパー、自家製玉ねぎドレッシング等で調味。お酒のおつまみをイメージし、味は少々キツめに。
イタリアのパン「チャバッタ」にたっぷり挟みました。
kit 004.jpg

景品福引のガラガラが合併前の昔の村名のままの…
kit 008.jpg
江戸時代に作られた蔵も残る素敵な村まつりのような空間での“食”についての大切な会話。

ダチョウと聞くだけでNo!と言う人。
ダチョウと聞くだけでYes!と言う人。
「可愛いダチョウをすぐそこで見ちゃったから食べられないわ…」と言う人。
「それが「いただきます」という事です。感謝して食べてください」と言う店主。
ダチョウサンドとダチョウのお子さん。
kit 011.jpg
美里オーストリッチファームの皆様や、うちの風土飲食研究会の代表のお骨折りや気遣いが少しでも救われればいいなぁ。

サンドウィッチはメニューにありませんが、パンチャの新メニューには『ダチョパッチョ(だちょうのカルパッチョ)』があります!
生食するダチョウは美味いですよ。“命をいただく”…という感謝をしつつ、人間の勝手ながら召し上がっていただけたら嬉しいです。
。。。食べ辛くなっちゃった?(笑)
でも、そーゆー事ですからね。他の命を食べるってことは。

あ、個人的な感謝の話。
深谷ねぎ&深谷もやしの入った、パンチャの『元祖!深谷ナポリタン』がイベント名物になりつつあります!
僕よりも、数をこなしている人間が居ます。
彼は、深谷ねぎまつり前にガッツリ特訓されました。毎日自分の作った深谷ナポリタンが賄いでした。
「流石に飽きるだろうから、他のもん食えよ。」と、言っても「いや、まだ不安なんで。。。」と、毎日ナポリタンの日々。
どーです!湯気なのか?オーラなのかっ?スタンドなのかっっ?
その名も【ナポリタンOKD】…おつかれさ~んっ!
皆様の笑顔が、今後の彼の自信や勇気に繋がってくれることと思います。
kit 006.jpg
次のイベント出店は、5/11(日)の『宿場まつり』の予定でーす!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる