クラリス農園オリーブ収穫祭

深谷のお隣、妻沼。カブちゃんでちょいと。
そんな距離にParadisoはありました。
食事会場となるビニールハウスには、僕の同級生が作ったオリーブのアレンジメント。
力強くも優しい、オリーブの葉の表裏のコントラスト。ブルーモルフォらしい、森田君らしい仕上がり。
olive 001.jpgolive 017.jpg
こじんまりとした、隅から隅まで見渡せる農園には元気なオリーブの木が茂っていました。
olive 006.jpg
農園の中には、お洒落な雑誌の切り抜きのような可愛いブース。
olive 005.jpgolive 003.jpg
参加者のみんなでオリーブを手摘み。サクランボのように、ヘタは取り除きます。
オイルを搾るときにヘタが混ざると雑味になってしまうようです。
olive 008.jpg
機械で搾ります。イタリア製なのが嬉しい♪
機械は大きな音をたてて頑張っていました。1時間くらいかかるそうです。
olive 009.jpg
僕等、深谷からの風土飲食研究会のメンバーはお馴染み『深谷カルソッツ』
泥葱の丸焼きです。同じ利根川周りの妻沼産を楽しめたのも妻沼開催ならでは。
olive 011.jpgolive 010.jpg
すっかり、増山さんにお世話になっちゃいましたね。独壇場でした(笑)
オリーブを使った料理も沢山運ばれてきました。
2 002.jpgolive 025.jpg
今回のお料理等をプロデュースしてくださった、大瀧シェフ&武井シェフ。
僕なんて、足元のさらに下の下の下にも及ばない凄いお二人。
勿論、料理は最高!!ビニールハウスレストラン最高!!!
olive 012.jpgolive 013.jpgolive 015.jpgolive 014.jpgolive 019.jpgolive 018.jpgolive 021.jpgolive 022.jpg
とうふ工房さんの豆腐や、飯塚商店さんのもやしが、やはりここでも良い仕事を!
そんなこんなで楽しい時間が過ぎ…尊敬する方々と笑顔で話しが出来…
1時間ほど、イタリア製の機械君は頑張っていてくれたようで。。。
お腹の中で分離された…最初にカラカラと、種の破片が落ちてきて、ウニョウニョと搾りかすが出てきて…
olive 026.jpg
待つことしばし。。。
会いたかった一滴は、神々しいまでに優しく、トロ~リとノズルを滑り落ちてきました。
olive 023.jpg
凄く感動しました。なんだか、本当に待ち焦がれていた気がしました。
地産地消の難しさに悩んでいたモヤモヤが、すっと晴れた気がしました。
「会いたかったよーーー!」
olive 024.jpg
収穫する日のオリーブの産地に足を運ばなければ口に出来ない『搾りたて無濾過オリーブ油』
口に含もうと、カップを口に近づけただけで感じる香り。
青いバナナの皮のような、刈りたての草のような力強さ。
僕的には、芝生のグラウンドで足首タックルをきめられて顔から地面に叩きつけられた時に匂い(笑)
口に含むと、ポっと温かくネットリと口内を油が広がる感覚。
苦味と渋みと少しの辛味が広がり、先ほどの香りが更に強烈に鼻腔を駆け抜ける。
目を見開いた後に旨味となり全身が震えた。
スパイシーな刺激を残しつつ、喉の全ての壁を撫でながら落ちていく…なんとも色っぽい油。
感動しました。
長い文章になっちゃいました。

今回は関係者のみのイベントでしたが、みんなに体験してもらいたいですねー!
スタッフの皆様、お疲れ様でした。ありがとうございます。
新井代表、須永さん、クラリス農園の皆さん。
感動をありがとうございます。
パンチャのオリーブ油すべてクラリス産になることを夢見てますっ!
目次
閉じる