無花果の赤ちゃんと僕

犬の散歩の途中。ふと、道の脇の植物に呼び止められる。
ほぼ裸の細い朽葉色の枝。
なんだか力を感じたのは、芽吹く若葉の瑞々しさのせいだろう。
立ち止まり顔を近づけた。

こいつ、芽吹いたと同時に実まで結んでいやがる。。。

なんだか哀しくなった。
悩んでばかりで、前にも進めず、後戻りも出来ずに立ち止まってばかりの僕。
出来ない理由ばかり探してしまう。。。
NCM_0821.JPG

目次
閉じる