重要なお知らせです。

ブログ内への動画の貼り付けってのは違法なのかグレーゾーンなので貼付しないから、なんだかチンプンカンプンな内容になっちゃうと思うけど。。。随分と長い間、小学生の頃からね。自分の心なりを奮い立たせようと思った時に、僕の頭の中では決まって流れるテーマソングがありました。
映画ロッキーの…テーマじゃなくて、『Going the distance』って曲。
殴られて、殴られて、殴られて、殴られて…バルボアが勝利への反撃を始めるくらいのタイミングでかかる曲だったと思う。
まぁ、Youtubeで検索してみてね。その曲の中盤を少し過ぎたあたり(僕が観ている動画だと1分30秒あたりからの盛り上がりな感じ)からのメロディーが流れていた。
でも、昨日から曲が変わった。
レ・ミゼラブルの劇中歌『Do You Hear The People Sing?』に変更です!脳内革命です!!(面倒だけど、Youtubeで検索してね。)
勧めておいてナンだけど…この、“Youtubeで検索”ってのが、音楽で飯を食う人の妨げになっているんだろうなぁ。。。
僕は小学生の頃、映画「キタキツネ物語」に感動した。劇中に流れる音楽にも感動して、サウンドトラックのカセットテープを買った?買ってもらった?擦り切れるまで聴いた。微々たるものだが経済は回る。
それらの曲も、“Youtubeで検索”で済んでしまう。
趣味で音楽をやってるから、曲を生み出すのが大変なのは少し解るんだ。
気の遠くなるような時間や労力、“気”の消耗。それらの積み重ねへの対価は?無料で楽しんじゃって申し訳ない。
僕自身は、「もったいない」は美徳だと思う。
でも、作者や作品へのリスペクトが欠如してしまった今の日本は、単なるケチ集団。
と、批判する僕もお金が無い&お金が大事。だからケチ団員。
嫌だねぇ。。。

あ、今日はそんな話をしようとしてたんじゃ無いや。

パンチャ・ピエーナはディナータイムの通常営業をやめようと思います。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる