妻沼聖天山春季例大祭

120418_1201~02.jpg

今日はランチタイムにお休みをいただき、妻沼の聖天様で神輿を担がせていただきました。

ひらり、ひらりと、名残を惜しむかのように散りゆく桜の花びらが静かに舞う、なんとも春らしい優しい風。 
楽しかったし、面白かった。
神輿は神道の流れをくむものが多いと思うのだが、聖天様はお寺である。お坊さんが行き来し、お経が唱えられたりもする。
そもそも、昔はお寺と神社は混同され調和していたものらしく、それを「神仏習合」などと呼ぶらしい。勉強になった。
兎に角、雰囲気の良いお祭りでした。
可愛らしい稚児行列に先導され神輿を担ぎだし、聖天様の境内には、露天あり、演歌歌手のステージあり。にぎやかでしたよー。
なんと言っても可愛かったのが“奉納こども相撲”。洋服の上からでしたが、まわしを締めた子供達の可愛いさたるや!
そして特筆すべきは、聖天山の素晴らしさ!
数年前に修復をされた彫刻の見事さ!境内の雰囲気の素敵さ!本殿をはじめとする建築物の素晴らしさは、イタリアの教会をみた時に感じた、信仰せざるを得ないと感じさせられるほどの絢爛ぶり。「歴史が百年ほど新しく、技術がより磨かれているので、日光の東照宮より彫刻は上だ!」とガイドのおじ様が申しておりました。
近すぎるせいか、今まで訪れたことが無かったことを後悔しました。いつでも、ガイドさん付きで見学出来るそうなので、日を改めて、もう一度地元の祭り仲間とでも行きたいなぁ~。

最近、色々な町で神輿に肩を入れさせていただく場面が増えつつあり、「あれ?この前○○にいた“子”だよねぇ~。」などと、年配の大先輩に子供扱いされることも、なんだか嬉しいのです。今年も数回顔を合わせることになりそうです。
あーーー!そーだ!
境内で休憩中、妻沼の神輿会様の振る舞いでパスタが出ました!神輿withパスタはお初です。
120418_1457~01.jpg

連絡が行き届かず、ランチタイムにご来店いただいたお客様…大変申し訳ございませんでした。
売り上げも足りず、厳しい経営状況ですが…今後、神輿休みが増える予定でございまするぅ~。
ブログ等で臨時休業はお知らせしますので、お間違えのないようにお願い致します。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる