深谷もやしのポタージュ

moyapota.jpg
季節の深谷野菜ポタージュが『深谷もやし』になりました。
深谷もやし???
特に、もやしにそういった種類がある訳ではありません。深谷には“伝えるもやし屋「飯塚商店」”があります。
(もやし屋さんのブログ→http://ameblo.jp/matt1119/ 
ゆめ☆たまごのメンバーである飯塚さんからは、ここ一年弱の間に色々なことを教わった。
特に、今後も僕自身が続けていくであろう『本当を伝える』こと。これも彼の影響であると言える。
彼は頻繁に様々なメディアに取り上げられる。それは、彼のもやしが本物であり、それを伝える情熱を持っているからだと思う。
そして彼は“もやし”をキーワードに様々な“深谷”を伝え、広げている。
脱線した(笑)。まぁ、飯塚氏についての能書きはいーや。
深谷もやしってのは、パンチャが仕入れてる飯塚商店さんのブラックマッペという種類のもやし。
昔とほとんど変わらぬ製法で育て、「根を切らない」ことに拘るもやし。食べ慣れていた他のもやしを改めて食べると、淋しい気分になるほどに、深谷もやしは芳香を放つ。
今回、もやしをポタージュにしたのは、それを伝えたかった。
もやしは低価格や、料理のボリュームアップが魅力なのではない。
シャキシャキとした歯ごたえも魅力ではあるが、深谷もやしの魅力は、なんと言っても“香り”
それを伝える為にミキサーにかけ、歯ごたえはあえて失くした。それを伝えたかったからこそできた一品。
ちなみに、もやしに旬は無い。毎日が食べ頃。
深谷もやしはハーブである。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる