ギョギョギョ

gyo.jpg
昨晩の貸切り営業では、築地より「キンメ、ヒラマサ、鮭」が持ち込まれ、
本日のディナータイムには、石川県の港より「帆立、サザエ、イカ」が持ち込まれた。
「好きに料理してください!」
凄くワクワクする。
そして、作ると…そりゃ~間違いなく美味い。
僕の腕は関係ない。食材様様。
そして、虚しさが襲う。
「やっぱり本物の海産物を仕入れられないなら、魚介類のメニューは出したくないな。。。」
毎回、ぶつかる壁。それを乗り越えるでも無く、避けるでも無く、壁を見ないようにしている。
“本物”に出会ったとき、間に合わせのものは苦しさを感じる。
しかも、今回の食材様だって、漁師さんが食べているものに比べれば“本物”では無い。
獲れたてよりも、少し熟成させたほうが旨味が増幅するものもあるが…
海産物に納得できないまま続けるのは…苦しい。
お客様は、それでも美味しいと言ってくださる。優しさなのかな?
妥協しない料理を作りたいな。
勿論、数倍の値段の料理になってしまうけど。。。
それが、特別ではなく、毎日のことでありたい。
それが出来ないのなら…実際、出来ないだろうな。だからさ、冷凍の魚介類なんてやめたいんだよね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる