小さな少年

2009 8/06

1945年の今日
広島にB29爆撃機エノラ・ゲイから原子爆弾リトル・ボーイが投下されました。
立場が違えば見方も違う。
「あの一撃がなければ、より多くの人が死んでいっただろう。戦争を終わらせた。」
と、言う人もいる。
精神的なものとか利権とか利益とか・・・大切なものを守るプライドもあるのだろう。
中には違う人もいるかもしれないが、ほとんどの人が
戦争は嫌いなはずだ。
人が死ぬのが嫌いなはずだ。
死ぬのは仕方ないとしても、殺されるのは嫌いなはずだ。殺すのも・・・。
違うのか?
疑いたくなる。
何故なら・・・戦争が終わらない。
 
また9日に同じことを言うと思う。

目次
閉じる