ぐるぐる-2

昨日のブログに、ありがたい書き込みをいただきました。
言葉が足りなかったので、もう一言説明させていただきます。
「やりたくない」というのは、わがままで、お客様のことを考えてないからでは無いのです。
<美味しい>ということにベストを尽くすのが、料理人の使命だと思っています。
<美味しい>とは曖昧で、十人十色。判断は料理人である自分自身で下すしかない。 
他人様にお出しする・・・まして、お金をいただく料理に、妥協や甘えはどうなのか?・・・と。 
その<美味しい>に自信が持てないのなら、やめたほうがいいのではないか・・・と。
お客様のことを考えればこそ、美味しいものをと、考えればこその悩みなんです。
常々、経営者というより職人でありたいと思ってやってきました。
むしろ甘い人間なので、「料理くらいは厳しくやろうかなぁ」・・・なんて思っている訳です。
まぁ、まだまだ色々考えて、無い頭で考えて美味しいものを作りたいと思っています。
今回のように、せっかくコメントを書き込めるシステムもありますので、皆様の意見も聞かせて下さいね。
心の栄養になります。大人になると叱ってくれる人も、褒めてくれる人もなかなかいませんからね。
 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる