3R

ドリンク用の冷蔵庫が壊れた。

まぁ、いつものこと…と、毎年お世話になっている業者さんへ電話。
「○○さんに毎年お願いしているのですが。」「○○は退職いたしました。」
親会社の修理センターのフリーダイヤルを告げられる。
何度かけても混雑を理由に出ない。PCでも修理予約が出来るとのアナウンス。
PCから必要箇所を記入し、冷蔵庫の製品番号を打ち込む…「この商品は修理対象外です。」
さぁ、困った。おそらくガスの注入さえしてもらえば1年ほどは余裕で持つはずの修理。
何度も、何度も、何度も、何度も、フリーダイヤルにかけ直す。
やっと繋がる。
詳細を告げ、製品番号も告げた。
「…なんだよ。直せるんじゃん。PCだけで判断してたらどうすんだ!」って言葉は飲み込んだ。
電話を折り返しますというので、待つこと5時間超。
「木曜日に伺います。」
前のおっちゃんはその日のうちに来てくれたなぁ…などと思いつつ、それでも直ることを祈るのみ。

Reduce(減らす)、Reuse(繰り返し使う)、Recycle(再資源化)で3Rと言う。最近あまり聞かなくなったが。
なんで、もっと簡単で勿体無くない“R” Repair(修理)の文化は廃れてしまったのだろうね。
なんでも直しちゃうオッチャンが各町内1人居れば、相当なエコだと思う。
まぁ、業者さんは修理よりも定期的に新品を買ってもらえたほうが良いのだろうね。

おぅ…なんてこった。。。
製氷機も壊れてる。氷がじゃんじゃん出来ない。。。

明日は営業出来るんかな。
修理代も怖いし、なんだか儲からないので5つめのR“Retire”したい気分です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる