煙霧にせよ春霞にせよ

ランチ営業中外が暗くなった。二年前のあの日を思い出した。

空気が黄色く霞み、岡部特有の砂嵐が今日は酷いのかと思った。
残念なことに、春霞をおこすほどの強風はお客様の出足もさらってしまったようである。
稼ぎ時の暇な週末。心は重い。
SNSを流し読み。
「黄砂」だ、「花粉」だ、「PM2.5」だ、…「きなこ」だ…笑えないよ。 きっと「放射能」も…
「黄砂ではありません。煙霧という現象です。」
なんであろうと、砂埃を吸って心地良い人間など居ないだろう。
そして何より淋しいのは、風向きでビクビクしてしまう世の中になってしまったこと。
明日で2年。まだ2年。
世界規模の迷惑をかけ続ける日本が向かう未来は、原発再稼動。。。
難しいよね。経済の低迷でも人は死ぬ。
でも、自然を壊せば生きてゆけない。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる