これからの野菜の食べ方

以前、ゆめ☆たまごが「漬物Bar」を出店した、青山の国連大学前には、“ファーマーズマーケット”という野菜市場が定期的に出店されているという。農家さん達が語りながら野菜を販売しているらしい。その企画運営などをされている<男子野菜部>なる方達の本が気になったので購入し、一気に読んだ。
『これからの野菜の食べ方~ファーマーズマーケットが教えてくれた三〇の真実~』
http://www.farmersmarkets.jp/2012/02/event_janw02/
帯?にはこう書かれている。

「無農薬なら安心?」
「新鮮さはどこで見分ける?」
「安全な野菜を買う方法は?」
「国産野菜は大丈夫?」
「おいしいを引き出すレシピは?」
食べる前に気になること、ぜんぶ農家さんに聞きました。
東京・青山で人気のファーマーズマーケットを仕掛けた男子野菜部による、野菜を買って食べたくなる三〇の真実。

「野菜王国ふかや」でFukaya-Italianoを目指すには、野菜の知識が欠かせないと思う。
深谷の農家さん達は男子野菜部さん達に負けず劣らず、野菜について熱く冷静に語ってくれるのだが、他の野菜に携わる方の意見も知りたかったのでね。
面白かったですよ。為にもなった。専門的な知識にふれつつも、言葉や説明が解りやすい。
震災後の原発事故の影響についてもふれていた。
どう書いて…?どんなことが書いてあった?。。。ここじゃ書きません。
ネットの悪いところ。簡単に必要な部分だけ見て、全てを知ったように感じてしまう。
だから、自分で時間を作って読んでもらいたいなぁ。
読んだところで、野菜の極一部の側面しか理解できないと思いますが…自分で時間を作って得た知識は有難い。
読んだ後には、農家さんの野菜への愛情や、安全の判断の難しさや、作り手の顔が見える食材様の有難さなんかを、より深く感じましたよ。
野菜さん達の写真も素敵だったなぁ。
何度も読み返そうと思ってます!何度も読んで、何度も深谷の農家さん達と語って…を繰り返して、少しずつ自分の野菜感を身につけたい。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる