自家製パンチェッタ~序章~

イタリアではベーコンではなく塩漬けの豚バラ肉のパンチェッタを使うことが多い。
自分で作りたいなぁ…と、オープン当初から思っていて、良い肉を探していた。
寄居にある「バルツバイン」という手作りハム・ソーセージの工房が養豚もやっていた。意外と近くにあったもんだ。
http://www.warzwein.com/
『武州豚』と書いて「ぶしゅうとん」と、かわいい響きの名を持つ豚ちゃんの味は格別!
tara 003.jpg
綺麗な肉質。2週間ちょいかけて塩漬けにしてみた。
2011hall 017.jpg
2011hall 020.jpg
薄くスライスして、油も何も敷かないフライパンでカリカリに焼いてみた。
塩抜きしないで強い塩分を感じる中、豚の味がどれだけ感じられるかの実験。ハロウィンパーティーで出したカリカリのしょっぱい肉の正体がコレ。説明するのを忘れたww
旨いねぇ。
ただ、お客様はベーコンのイメージで召し上がると思うので、もっとパンチが必要だな。
秘策はある。また実験しよう。
完成しなくてもいいのだ。バルツバインさんには美味しいベーコンがあるから、失敗したらそれを使えばいい。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる