核って必要なのでしょうか?

今日は65年目の「広島原爆の日」。
落とした国。落とされた国。どちらにも沢山の哀しい人々。影で笑う人。
落とした国は「あの爆弾は戦争を終結させ、多くの人の命を救った。」と言い、65年たった今でも、世界最大の核保有国。大統領はノーベル平和賞。
落とされた国は非核三原則などと言いながら、原子力発電を推進し、他の国からの圧力への恐怖を『核の傘』に入って薄めている。
核兵器だけが悪い訳でもなく、戦争という“出来事”において、僕等には知らされていない・・・何より、知ろうともして来なかった憎悪の渦があるのだろう。
無知な僕が、今日と言う日に感じるのは・・・「おそらく、原爆が多くの命を救ったという認識を持つ国が、世界最大核保有国のうちは『平和』なんて訪れないだろう・・・。」と言うことです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる