ピン・グレのアルバム

2010 6/28

l_bbdbc5b867347c189fee4d0baea42ce.jpg
ただ応援しているのもなんだし・・・折角、手元にアルバムがあるので、偉そうではあるが、自分なりに彼等のアルバムの感想を述べてみたいと思う。
ちなみに、アルバムはパンチャ・ピエーナでも買えます!<¥500> 
PINK GRAPEFRUITS  =MAGICAL PARADE=
01.Weather Report
ベースのラインが心地良い、何かの始まりを予感させてくれる曲。正にアルバムのプロローグ的な曲。
 
02.HONEY
起承転結を感じさせるサウンドの流れ。是非とも、ライブで聴きたい曲。ピン・グレの代表曲と言ってもいい曲だと思う。

03.上野
唯一?のバラード曲。シンプルで優しく哀しい歌詞とメロディーが沁みる。個人的には一番好きな曲。

04.やさいをたくさんたべよう!!
気だるいグルーヴ感をかもし出す。パンパンにお客さんの詰まったライブハウスで、揺られながら、酸欠になりながら聴いてみたい。

05.さいごのくるま
インストゥルメンタルの曲。刑事ドラマでかかりそうな感じ。お酒でも飲みながら体を揺らせつつ聴きたい曲。

06.ある狩人
歌詞、メロディー共に、物語のような印象。けだるい流れの中、シンプルな演奏が心地良い。

07.羽
「ゆらゆらと 凍る下で~・・・」という歌詞で始まる。ゆらゆらと静かに登りつめるうねりを感じる曲。

08.メトロポリス
アニメの主題歌のようなワクワクする曲。説明しすぎない歌詞と想像を膨らませるメロディーが交じり合う。

09.少年ブギ
小気味良いリズムで刻まれる、共感の持てる夏休みのエピソード。自然と体がリズムを刻まされる。

全体的に色々な顔を持ち、1曲1曲が個性的でありながら、聴きこむと全てが彼等の味付けなのだなぁ・・・と感じる。YouTubeではあるが、彼等のライブを観ました。ライブバンドだなぁと思います。もちろん、作り上げたアルバムの出来も素晴らしいのですが、是非、生で感じたいものです。蛇足ではあるが、アルバムの<取り扱い上のご注意>に、●軒先に吊るす等しても、鳥よけにはなりません。・・・・・と、書くユーモアさもお気に入りなバンドです。
是非とも頑張って長く続けて、歳を重ねる毎に深まる、“渋さ”を感じるバンドになって欲しいです。ピンク・グレープフルーツの方々。偉そうにゴメンよ。結構好きなバンドだから頑張ってね。

目次
閉じる