パンダ発見の日

panda.jpg
これは書いておかなければならない・・・。
今日3月11日は『パンダ発見の日』である。
簡単に説明すると・・・
1869年3月11日。伝導中のフランスの牧師、アルマン・ダヴィト神父が中国、四川省ムーピン奥地の地元猟師の住む民家で、白黒の奇妙な熊の毛皮を見せられた。これを機に西洋でパンダが知られるきっかけになった・・・・・ですって。
因みに、もともとパンダとは、レッサーパンダのこと。後から発見されたジャイアントパンダより劣るという意味で「Lesser」とつけられてしまった、可哀想だけど可愛いヤツ。
因みに、ジャイアントパンダは世界三大珍獣。他の2種は、「オカピ」と「コビトカバ」。
因みに、分類-哺乳綱、食肉目、ジャイアントパンダ科。中国名-大熊猫(daxiongmao) 。学名-Ailuropoda melanoleuca
因みに、ちなみに、チナミニ・・・・・・・・・・・・
 
パンダ大好きっっっす。

目次
閉じる