雨。

日本語の表現は素敵です。
雪は「しんしん」降り積もり、雨は・・・特に、この梅雨時の雨は「しとしと」降るはず・・・。
それが、何でしょう!今朝の雨。
夢でなければ、相当早い時間から雷も鳴っていたような・・・。
まぁ、そんな中でもウォーキングをしてきた私は馬鹿者です。
あの雨の降り方は、もはや熱帯のスコールのようでした。
それでも、「水たまりデケーッ!」とか「ドブの水スゲーッ!」とか・・・逆にテンションをあげる、長男とその仲間達の笑顔に救われ、昔の自分を思い出します。
やはり、地球が壊れかけているのでしょう。何かしましょう。
「地球にやさしく」とか「地球を救おう」などと上から目線で言ってる場合ではありません。
むしろ「地球様・・・色々と努力しますから、なんとか助けて下さい。」くらいの姿勢で・・・。
「便利」の呪縛を解くのは難しいことですが・・・。

目次
閉じる